Skyline of Richmond, Virginia
働き盛りの世代にとって、一昔前も現在も「自分の城を持つ」=「自分の家を購入する」ということは、長い人生でも大きな夢の一つに数えられる一大イベントです。これは、これまで頑張ってきた照明であると同時に、愛する家族に安心して一つ所に居住できるという安定を提供することでもあり、男性でも女性でも、自宅を持つことに大きな意味を感じる人は多くいます。

住宅ローン(新規お借り入れのお客さま・お借り換えのお客さま) | 新生銀行

この自宅の購入についてですが、一つの物件が何千万円もするものですので、基本的には「住宅ローン」を組んで何十年も掛けて返済していくことになります。ここで必要になるのが、そのローンを組んだ本人が、確実に返済を履行することを保証する人物=「連帯保証人」です。この連帯保証人がいなければ、どんな金融機関でも基本的にはお金を貸してくれません。

仙台 任意売却

住宅ローンを組む人の多くは、連帯保証人を親族、中でも「両親」にお願いすることがほとんどです。それは、もしも万が一、住宅ローンを滞納した場合、連帯保証人には多大な迷惑が振りかかるものだからです。具体的に言うと、ローン契約者本人が任意売却などの金策を実行しても、それでもローン残高を払えきれない場合、連帯保証人が残りの金額を負担しなければならないといった事態も起こりえます。

債権者登録

それだけに、直接の血縁関係のある人物しか、この連帯保証人はなってもらえないのが通例です。住宅ローンを契約する人は、新しい自宅になるであろう物件にばかり目を向けるのではなく、「もしも自分がローン契約を履行できなければ、連帯保証人になってくれた人に迷惑が掛かる」こともしっかりと心に刻んでおくべきなのです。